炭酸泉+温泉

炭酸泉

ぬるめのお湯が楽しめます!

熱いお湯が苦手という方もぬるめの炭酸泉で温泉をゆっくりしっかりお楽しみ頂けます。

炭酸泉 ひとくちメモ

入浴しますと体中に泡がくっついてくる、そんな現象が起こる温泉です。
炭酸と言われる通りに二酸化炭素が温泉に溶けており、それがお肌にくっついてきますので、まるで炭酸の中に入っているかのようです。
なお炭酸泉は、あまり温度が高いと肌にくっつく間もなく蒸発してしまうので、概してぬるめのお湯が適します。
そのような、ぬるめのお湯でも二酸化炭素つまり炭酸ガスが、皮膚から浸透することで血管を拡張し、血流が良くなりぽかぽかしてきます。
普段あまり使われない末梢の血管にまで血液がしっかりと流れていくため、体の老廃物を出し、隅々まで酸素、栄養がいきわたり、体の調子がよくなるとされています。
体温より低い温度で高濃度の炭酸泉が多いヨーロッパでは、血圧を下げて心臓の負担を減らす心臓療養に使われることがある為に「心臓の湯」とも言われます。