温度

2018.09.15


台風などの影響でしょうか、ここのところ急に涼しくなりました。

私は寒暖差があると、鼻水が止まらなくなるので早くこの時期を

通り過ぎてくれないかなと毎年思います。

ただ風邪をひく事はまずないので、微妙な健康体です(笑

—————————————————————–

今回は浴槽の温度調整について、少し書かせて頂きます。

ご存知の通り、当館では炭酸風呂を除く全ての浴槽はかけ流しです。

このため生源泉約52~3℃(地表に出て配管などを通ると少し温度が下がります)と

熱交換器を通して温度を下げた約42℃の源泉の2種類を使い分けています。

ほとんどの浴槽は42℃の源泉をメインで入れていて温度が安定していますが

立ち湯(一番熱い浴槽です)だけはそうはいきません。

DSC_0073DSC_0072
左は42℃だけ、右は高温の源泉が入るところ(見づらくてすみません・・)

42℃の源泉はたくさん入れてしまうと、温度が下がり過ぎてしまうので気持ち程度。

温度が下がると高温の源泉が大量に入ります。なので混ざり方がよくないと設定した

温度をオーバーしてしまう事もたびたび・・。またこの時季は気温の変化も激しいので

それにも左右されます。

もともと0.5℃程度の幅に設定されているのですが、実際には0.7~1.0℃の差が出ます。

立ち湯をご利用の際は、お客様の適温になるまで少しお待ちいただく場合もあるかと

思いますがどうかご了承くださいませ。

またくれぐれも湯あたりにはお気を付けを。。


by川越鷲

ブログ