温泉の色、再び

2018.06.23


こんにちは、曇りでジメッとしたいかにも梅雨らしいお天気です。

暑いのもいやですけど、ムシムシもいやですねえ。。

さて今回は予告の通り、温泉の色についてです。

いろいろなところで百観音は以前よりも温泉の色が薄くなった

成分量が変化したに違いないとのご意見を拝見します。

ずばり申し上げますと、このような事はありません。

なぜなら色が薄いのは、色が付かないようにしているからなのです。

温泉が茶褐色になる原因は、湯の花(業界ではスケールと呼ばれています)が

細かくなってお湯に混じることが主要因です。

粒子のように細かければ良いのですが、これが大きくなって浴槽内に現れると

見た目が宜しくないのです。

熱交換機では目詰まりするため熱効率が落ちてしまいます。

ですので各所の洗浄頻度を以前にも増して高めたところ、結果として色がつかなくなったのです。

これは各浴槽に設置しているヘアーキャッチャー(浴槽内のごみ取り、攪拌などをします)を
薬剤洗浄したときの写真です。
DSC_0068

少し極端かもしれませんが、色が濃かったとはこのようなイメージなのかと思います。

当館の温泉は湧出時は無色透明です。その新鮮な状態を維持したまま浴槽に注ぐことが

最もベストであると考えております。

とはいえ全く色が付かないようにする事も、構造上不可能ではあるのですが・・・。

最後に皆様の誤解が少しでも解消されることを願っております。

by川越鷲

ブログ