山椒は小粒でピリリと辛い

2016.07.10

 先日、山陰に旅した友人から、宍道湖のしじみ粒山椒を頂いた。早速それをつまみに、
一杯やって驚いた。こんなにビールに合うつまみがあったんだ。粒山椒の風味がなんともいえない。
枝豆、冷ややっこよさようなら。今日からお前一筋でいくよと誓ったが、まあそんなに一途に
なる事もないかと気を取り直す。そもそも山椒やわさびなんかは素材を引き立てる脇役ではないか
。それが証拠に、わさびを舐めながら一杯やったとか、七味をごはんに振りかけて食べたって話は
聞いた事が無い。あくまで寿司あってのわさび、そばあっての七味ではないか。特にお前はうなぎ
にべったりではないか。そんな事を山椒といいあっていたら、ありましたね!粒山椒だけの佃煮が。
粒山椒は堂々と主役もはれる切れ者だったんです。日本の繊細な食文化を見直しましょう。

 ところで当百観音の立ち湯は、高温で刺激が強く、特に好んで入られるお客様も、
大勢いらっしゃいますが、立ち湯はあくまで脇役です。のんびり、ゆったりはできません。
長湯は禁物ですよ。
あくまでご自身の体調をはかりながら、適度にお楽しみいただければ幸いです。

                                   孫まご人  

ブログ